RADの「なんちゃって」

RADWIMPSは、物凄くいいと感じます。
RADWIMPSは、本当に色々なジャンルの曲を世の中に送り出します。
どうしても、曲調が似てくるものなのですが、本当に同じバンドなのかと思えるほど全く違う音楽を提供してくれます。
野田洋次郎は、天才、天才と言われますが、本当に天才だと思います。
ちなみに、頭もよく、慶応大学を卒業しています。
「いいんですか?」とか「有心論」なども特別な世界であり、大ヒットしましたが、それからずっとヒット作を飛ばしており、「前前前世」等も物凄く話題になりました。
映画「君の名は」の音楽をRADWIMPSが担当していますが、今度は、野田洋次郎が、俳優として活動する事でも話題になっています。
いずれにしても、才能に溢れすぎているのは事実でしょう。
イケメンではないけれども、とにかく女性にもてると言われており、色々な意味で多様な才能をお持ちなんでしょうね。
「なんちゃって」は、とにかくリズムが速い曲です。
カラオケで歌おうとすると、舌を噛みそうになります。
ただ速いだけではありません。
シェイシェイやダンケシェーンという中国語とドイツ語を歌詞で用いています。
英語の歌詞は、多いですが、非常に国際的です。
また、当然英語も持ちいており、ファックという俗語まで使っています。
ちなみに、英語の歌詞が多い野田洋次郎ですが、帰国子女であり、尚更抵抗感がないのも影響していることでしょう。