思い出のCDも売りました

小中学校の頃は人見知りもせずに、ハキハキと意見を言ったりするような性格だった私だがいつの頃からか意見を言えずにもごもごと口ごもったり…性格的にどちらかと言えば「暗い」と称される部類になっていました。その原因として長年付き合っていた彼女との別れであったり、兄弟との縁切りであったりなど良くないことが重なっていたからだと自分では思っています。更に、輪をかけて楽しかった頃の思い出にすがったりしていたものだから余計にウジウジとしてしまっていたのではないのかと思います。昔買ったいつ使うかも分からないようなものであっても、「思い出」だと思って取っておいたり元彼女が置いていった座布団であったりも捨てられずにいたのです。特に思い出のCDなどはよく聞いていましました。

それに、仕事と家の往復で楽しいことも趣味も全く無いのでこのままだと本当に腐ってしまうと内心焦りが半端では無かったです。そんな時に「断捨離」と言う言葉を知り1度自分を変える為に…と身の回りを綺麗にしようと思ったのです。

CDは何枚もあったし、綺麗な状態だったので、CD買取に出しました。せっかくならと思い、いろいろとCD買取ショップも比較してみました。

http://おすすめcd買取.net/

1回目、2回目では思ったように物を捨てることが出来なかったのですが、会社の飲み会で酔っ払って帰宅した際に思い切って全てをゴミ袋に入れて外に放り出して見ました。起きた時は記憶が曖昧で綺麗さっぱりした部屋を見て驚いたのですが不思議と勿体無いと思うことは無かったです。

あらゆるものを処分したことよってゴミゴミしていた胸の中がスッキリとして生まれ変わったような気分になったのです。ごちゃごちゃしていた部屋では負のオーラが溜まって趣味を探すことも出来ずにいたのですが、今では思い切って取ったバイクの免許とバイクで週末はツーリングに出かけ、パーキングで会うバイク乗りと談笑するにまで明るくなれました。ものを捨てると言う行為に関しては個人の意見もあると思いますが、私はプラスの方向に転じた良い例でしょう。こんなもので変われるのだったらもう少し早く断捨離しておけば良かったです。今は時間を大切に出来るようになり非常に満足した日々を過ごせています。

これからは買い取ってもらえるものは売り、それ以外のものは本当に大事なもの以外固執せずに処分していきたいと思います。