撫子ちゃんの、可愛さからの卒業「撫物語」

本作は人気小説「物語シリーズ」の一冊です。

数いるヒロインのうち、人気の千石撫子ちゃんが主人公。

並外れた可愛さから、「可愛さ」以外を見てもらえなかった撫子ちゃん。生来の臆病さから、長い前髪で顔を隠し、どこか無気力に、流されるまま生きてきました。そんな彼女は、大好きな暦お兄ちゃんに失恋し、一時は神様の力まで手に入れ、自暴自棄に。

たくさんの人の尽力で人間に戻った彼女は、髪を切り、今まで避けていた、色々なモノに向き合い始めました。その一つが、夢。

どうせ無理だと隠していた、漫画家になる夢に真剣に向かい始めます。そこで立ちはだかるのは、現実。中学を卒業したら、就職するよう、両親に命じられてしまいます。学校も休学中で、まだまだ人と接するのは苦手。卒業までに、何らかの成果を出さなければいけません。

そんな彼女にある提案をしたのは、友人の斧乃木ちゃん。漫画修行の為、自分の分身を作るよう言われ、元神様の力と、高い画力で生み出したのは四人の撫子。

それらが逃げ出してしまい、慌てて追いかける撫子&斧乃木コンビ。

自分を探しながら、撫子は今まで、そして今の自分に改めて向き合います。

そして、変わろうと足掻く撫子ちゃんの奮闘。彼女の確かな成長が嬉しく、斧乃木ちゃんとの意外な友情も、微笑ましい一作です。